支払いのタイミングが違う!まとめて支払うかその場で引き落とされるか

クレジットカードはカード会社が立て替え後、まとめて請求する

法人用のクレジットカードとデビットカードにはどのような違いがあるのでしょうか。一番の違いは与信の有無でしょう。クレジットカードの場合、与信があるので会社の人間がカードを通じて支払ったお金をカード会社がいったん立て替えます。そして、毎月一回締め日を設けて特定日にまとめて請求するのです。
しかし、デビットには与信は存在しないので支払うとすぐに会社の法人口座から代金が引き落とされます。ちなみにデビットの場合、口座からの引き落としはリアルタイムで行われるものの、購入先である加盟店への支払いはリアルタイムでは行われません。銀行が口座から支払い用の現金を確保し、数日後、加盟店に振り込むという流れになります。

デビットは支払う分のお金が口座に入っていないと決済できない

クレジットカードであれば支払いに使ってもすぐに代金を請求されることはないので、極端に言うと、会社の法人口座に一円すら入ってなくても、限度額が一千万円であれば一千万円の買い物をすることが可能です。
しかし、デビットはそうはいきません。デビットで一千万円の買い物をするためには口座に一千万円が入っている必要があるのです。では、一円しか入っていないのに一千万円のものを買おうとしたらどうなるのでしょうか。その場合、決済できなかったというメールが登録したメールアドレスに送られてくるだけです。
このシステムを利用して、デビットカードで支払うときだけその分のお金を法人口座に入金すると不正利用を防ぐことができます。