法人デビットカードは創業して間もない企業でも作れる?審査の厳しさの違い

法人デビットカードは実は創業間もなくても作成可能

創業して間もない場合には何かと決済も増えてきます。だからこそ、法人デビットカードを早めに取得しておくことをおすすめしておきます。法人デビットカードを手に入れておけば決済も実に簡単になりますし、会社の信頼性も高まります。とはいえ、法人デビットカードは創業間もないと作れないと感じている人も多いようです。しかし、これは大きな間違いです。創業間もなくとも会社に大きな金融事故がなければ基本的に法人デビットカードは作れます。結局、法人デビットカードはデビットカードですから、銀行としても発行がしやすいのです。しかし、法人デビットカードにクレジット機能をつけるとなると事情は一変してくるので気をつけてください。

デポジットを求められることもある

法人デビットカードを作る際にはデポジットがある程度必要になることもあります。これは仕方のないことですが、どのくらいデポジットが必要かはケースによっても変わってきます。また、法人デビットカードは場合によっては悪用されることもあることから、審査がある程度かかります。とはいえ、通常の会社であれば問題なくデビットカードを作れるので安心してください。加えて、法人デビットカードはなるべくいくつか作っておくことも必須です。法人デビットカードは多様なブランドのカードが最低でも3枚あると多様なシチュエーションに対応しやすくなってきます。おすすめなのはJCBとマスターカード、そしてVISAの組み合わせのデビットカードを持つことです。