即時決済なので経理の手間が省ける

決済方法の増加が問題を引き起こしている

経理業務は各種法人で大きな負担になっている業務で、特に決済方法の種類が増えてきてからは煩雑になってきました。支払い方法が現金のみだったときには経理処理をするのは簡単でしたが、支払い方法によって計上の仕方を変えなければならないのが問題になっています。特に慣れていない経理担当者がミスをしてしまい、原因がどこにあったのかを調べるのが大変になることがあるので注意しなければなりません。クレジットカード決済やプリペイドカード決済がその典型的な例で、カードを使ったときと、口座からお金が引き落とされたとき、あるいはプリペイドカードのチャージをしたときにそれぞれ違う処理をする必要があるのが経理の仕事を複雑にしています。

法人デビットカードの支払いは現金と同じ

法人デビットカードを作って運用するメリットは、キャッシュレス決済を行えるにもかかわらず経理上はミスが起こりにくくて煩雑さもないことです。デビットカードによる支払いは同時に銀行から引き落とされる仕組みになっているため、基本的には現金での支払いと同じように計上することができます。二回に分けて異なる経理処理をする必要がないので、あまり慣れていない経理担当者でもミスをすることはほとんどないのです。ただし、クレジットカードのように口座に残高がなくても使用できるというわけではありません。プリペイドカードのように残高がなくなったら使えないといった仕組みでもないので、運用の仕方には注意する必要があるでしょう。